お箸の色々

お箸のはなし 第1話



第一話 お箸のはじまりは?

さて「お箸」の起源は、現在から約3,500年前に中国で使われ始めたと言われています。

日本にお箸が伝来してきたのは弥生時代。初めお箸は祭事用の道具とし、神仏に食物をお供えする時に使われたといいます。
神器として伝来し、神事に神様が使う器としてお箸が使われる様になりました。
その際に使われたお箸は、1本の竹を使いピンセットの様な形をしていたのです。
「箸」という漢字が「竹かんむり」を用いているのも、その時代のお箸が竹製であった事を証明しています。

その後、聖徳太子が中国に小野妹子らを派遣した際に、お箸を使った歓待を受け大変驚いたそうです。
この頃はまだ日本は手で食事をしていたので、聖徳太子もその報告を聞き驚きました。
そしてその作法を真似、宮中でお箸を使った歓迎の宴を催す事となったそうです。

奈良時代になると、お箸は貴族から普及しだし一般に広がり、手からお箸を使っての食事の生活習慣革命が行なわれたのです。
平城京後から多数お箸が出土しているのが確たる証拠となっています。

それからお箸は色々な材質で使われるようになり、江戸時代に塗箸が登場し、現在に至るまで様々な形や色のお箸が生み出されたのです。

長い歳月を得て、今日まで私達は「お箸・割り箸(わりばし)」のある暮らしをしているのです。


カレンダー
  • 今日
  • 休業日

営業時間
9:00~17:00

定休日
土曜・日曜・祝祭日

FAXでのご注文

当店では、インターネットからでは無くFAXでのご注文も承っております。下記の専用FAXフォームをご利用下さい。

専用FAXフォームはこちらから!!

Adobe Readerが必要な場合はこちらからダウンロードして下さい。



会員登録はこちら!!




LINE公式アカウントで友達になると
トーク出来ます。


 

店長のお気に入り



 長野県乗鞍高原にある
   カフェ&バーです。
   色んなお酒が楽しめます。



 
パソコンの事ならここにお任せ!



株式会社アルファソリューション

滋賀の機械設計ならここにお任せ!




千年の歴史と文化に育まれた宇治へ



メニューが豊富なたこ焼き屋さん








ページトップへ