カートをみる マイページへログイン(新規登録もこちらから) ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

お箸の素材



杉箸
杉は冬目(冬の期間に成長する部分でいわゆる木目の事)が細かく通り、強度があり、木がきめ細かく、光沢がある特性があります。この為に割れ易く、心地よい割れ具合は日本人の感性に合っています。
杉と言えば吉野。吉野は桜の名所、”義経の千本桜”で有名で下市町に隣接しています。材料としては、杉の建築資材などを取った残りの端材(木の外皮に近い 部分)を利用して割箸にしており、産業資材の有効活用となっております。主として高級料亭やご家庭で大事なお客様をもてなす時のお箸として利用されていま す。
適する業種
和食・懐石料理・鮨屋・天麩羅店・蕎麦屋・フランス料理

 
杉箸と同じく、おもてなし用のお箸として利用されております。木の肌が滑らかで手にした時の感触がよく、強度もあり、お箸として最適の素材でしょう。この桧も建築資材として取った残りの端材を活用しており、産業資材の有効活用になっております。
適する業種
和食・鮨屋・蕎麦屋・とんかつ店・居酒屋・焼肉店


えぞ松
日本では、北海道に自生する松の一種です。建築資材や他の産業資材として製材された残りの端材を利用しています。その意味では、杉箸や桧箸と同様に産業資材の有効活用を計っています。
また中国にも多く自生している事が解り、中国産が主流になってきております。
適する業種
和食・鮨屋・蕎麦屋・精進料理・鍋料理・居酒屋・焼肉店


白樺(しらかば)
日本では、長野県を南限とする北日本一帯の山林に自生していた白樺は、次第に各地の開発によって減少し、樹林を形成しているのは北海道の十勝地区を始め、北 海道の山間部一円に自生しています。この為、より豊富な資材を求めて、その主産地は中国に移っています。
最近ではロシア産も出てきております。 白樺は、樹液が多くその為建築資材としては、使用されておりませんが合板用や楽器(ピアノ)の木材部品として利用されています。しかしその総量は僅かで す。多くの原木は、北海道の山間部でも利用されないまま倒木して朽ちはてている状況です。
割箸業界では研究を重ね、この白樺の樹液を煮沸(しゃふつ)する 事によって取り去り割箸として利用する事を開発しました。
木材としては比較的安価であるために、汎用的な割箸として現在最も多く流通しています。ねばり強 く、腰も強い特性によって割箸の主要素材として定着しています。
適する業種
食堂・弁当屋・ラーメン店・中華料理・焼鳥店・お好み焼店


アスペン材
和名を白楊といい、主としてカナダに自生する針葉樹です。柔らかで、軽く、木色がとても白いという特徴があります。産業資材としては主に紙パルプ用の木材と して利用されており、柔らかで繊維の長いパルプは、薄紙用としてティッシュペーパーや、ナプキン用として日本にも多く輸入されております。
割箸としてのア スペン材の利用は昭和末期より始まっていますが、比較的に新しい素材として最近のびている素材であり、特に色の白さが受けている理由です。
適する業種
喫茶店・食堂・焼鳥店・お好み焼店・居酒屋


九州南部に広がる広大な竹資源によって昭和20年頃より竹の割箸が生産されておりましたが、自然環境保護から竹の特性が見直され、流通量の増大が賄いきれず に現在ではその殆どが中国によって生産されています。
竹は成長が早く、約4年で成竹になります。その為に竹林を維持するには常に伐採をしなければならない 状況があります。
特性としては、強い強度を持ち、油を弾きます。しかし竹の繊維は腰が強いと同時に通水性に勝れおり、外気の湿気を吸い込み易い事でカビが 発生する事があります。
生産の段階で限界までの乾燥をし、カビの発生を防いでいます。また、防カビ材としてワサビを主成分とする無害の薬品を使用し、カビ の発生を防いでいますが、保管場所などの条件ではカビが発生する事があります。また1つは、竹特有の”虫”があります。竹に寄生する虫については、未だ防 虫方法が発見されていない分野で現在のところ、この寄生虫は雨期に竹に侵入し卵を産み付け、伐採後に孵化(ふか)し、竹を食い荒らす事が判明しており、そ こで雨期(日本でいう梅雨)を避けて、伐採する事で対応しいる状況です。
適する業種
焼肉店・中華料理・串かつ店・鰻店・ラーメン店

お箸のサイズ

お箸のサイズ



6寸/7寸
折箱などのお持ち帰り用でのご使用が多いです。
8寸
一番みなさんがお使いになっておられる長さです。幅広い用途でお使い頂いております。
9寸
懐石料理やご宴会などでお使い頂いております。
割箸の長さですが基本的にはこの4種類になります。
本来1寸=3センチなのですが割箸の場合実物の長さはそれぞれ1寸ずつ短くなっております。
この業界独特の慣習のようです。


6寸・7寸サイズ
折箱やお弁当箱等の容器の大きさに合ったサイズの割箸です。
お持ち帰り用や出前用など色々な用途でお使い頂いております。
箸袋とのセットでのお使いがおすすめです!



種類:
丁6・元禄
材質:
白樺・松
1ケース:
5000膳入


種類:
元禄・天削
材質:
白樺・アスペン
1ケース:
5000膳入(




8寸サイズ
一般的に多く使用されています長さの割箸です。材質・種類も多数あり幅広い用途でお使い頂いております。箸袋のハカマタイプ・中袋タイプとのセットでのお使いがおすすめです!!三折タイプや帯巻タイプでのご使用だと高級感が増します。

種類:
上小判
材質:
白樺・松
1ケース:
5000膳入

種類:
元禄
材質:
白樺・アスペン・ポプラ・桧
1ケース:
5000膳入

種類:
天削
材質:
アスペン・ポプラ・桧
エゾ杉・杉
1ケース:
5000膳入(1膳 1.5円〜)

種類:
利久
材質:
桧・エゾ杉・杉
1ケース:
5000膳入

種類:
丸・天削・利久
材質:
1ケース:
3000膳入
当店の竹箸は防カビ剤・防腐剤等を使用していない安全な商品です。



9寸サイズ

高級感を引き出せる長さの割箸です。 材質も高級感のある杉・桧が多く手触り・色・香りを楽しんで頂けるお箸です。 あなたのお店のお料理をより一層引き立てる商品です。三折タイプや帯巻タイプでのお使いがおすすめです!!ハカマタイプやミニタイプの箸袋でも綺麗に見えますよ!
婚礼やお祝い事には祝箸に祝袋でのおもてなしがおすすめです。祝袋も多数取り揃えております。 


種類:
天削
材質:
桧・エゾ杉・杉
1ケース:
5000膳入

種類:
利久
材質:
桧・エゾ杉・杉
1ケース:
5000膳入

種類:
らんちゅう
材質:
杉(長さ260mmあり)
1ケース:
2000膳入

種類:
祝箸
材質:
柳・アスペン(長さ260mmあり)
1ケース:
2000膳入(1膳 4円〜)

種類:
丸・天削・利久
材質:
1ケース:
3000膳入
当店の竹箸は防カビ剤・防腐剤等を使用していない安全な商品です。

お箸のはなし 第1話



第一話 お箸のはじまりは?

さて「お箸」の起源は、現在から約3,500年前に中国で使われ始めたと言われています。

日本にお箸が伝来してきたのは弥生時代。初めお箸は祭事用の道具とし、神仏に食物をお供えする時に使われたといいます。
神器として伝来し、神事に神様が使う器としてお箸が使われる様になりました。
その際に使われたお箸は、1本の竹を使いピンセットの様な形をしていたのです。
「箸」という漢字が「竹かんむり」を用いているのも、その時代のお箸が竹製であった事を証明しています。

その後、聖徳太子が中国に小野妹子らを派遣した際に、お箸を使った歓待を受け大変驚いたそうです。
この頃はまだ日本は手で食事をしていたので、聖徳太子もその報告を聞き驚きました。
そしてその作法を真似、宮中でお箸を使った歓迎の宴を催す事となったそうです。

奈良時代になると、お箸は貴族から普及しだし一般に広がり、手からお箸を使っての食事の生活習慣革命が行なわれたのです。
平城京後から多数お箸が出土しているのが確たる証拠となっています。

それからお箸は色々な材質で使われるようになり、江戸時代に塗箸が登場し、現在に至るまで様々な形や色のお箸が生み出されたのです。

長い歳月を得て、今日まで私達は「お箸・割り箸(わりばし)」のある暮らしをしているのです。


お箸のはなし 第2話



第二話 お箸・割り箸(わりばし)は何故捨てるの?

お箸・割り箸(わりばし)の使い捨て文化は、古来から神事と結びついたものだったそうです。

昔、山に行った時には小枝などをお箸の代わりとして使い、その際、一度使用したお箸にはその人の霊が宿るとされ、家に持ち帰らずお箸をその場に捨てる習慣があったそうです。
しかしお箸をそのままにしておくとそのお箸を獣が持ち遊んだりし、その災いが自分に振りかかると考えられていました。
災いを防止するためにも、必ずお箸は折って捨てたとされています。
この行為は、お箸に宿る霊を自分の元へ帰らせる為と言われ、今でも弁当や食事の後にお箸・割り箸(わりばし)を折る風習が残っているのはこの為なのです。

また、お箸には神が宿るとされていて、真新しいお箸を使い神の霊力を人が得た時点で、お箸の役割は終わり、二度と使われませんでした。
現在でも、お正月には「祝箸」として一回限りの白木(柳箸)のお箸が使われます。
同じ意味で、家庭以外の場所での食事や不特定の人を対象にする食事には、使い捨てのお箸・割り箸(わりばし)が使われています。

江戸時代には酒樽の端材を利用した使い捨てのお箸・割り箸(わりばし)が多く作られ、清潔好きの江戸の庶民に大いに利用され、現在に至っています。

近年、森林資源を守るためにお箸・割り箸(わりばし)を使わないように言われますが、主に間伐材から作られるお箸・割り箸(わりばし)は森林資源に悪い影響を与えません。
むしろ下枝刈りや間伐のための人件費をまかない、森林保護にも役立っているのです。


お箸のはなし 第3話



第三話 はしわたし

世界でお箸を使っている国は全体の約30%といわれます。
しかもお箸は、料理を食べ、切り分け、盛り付けまですべて出来てしまう万能な道具。

これらの道具(お箸)を器用に使いこなせる日本人として誇りを持ちたいものです。

しかし最近は、お箸の正しい持ち方が出来る人も少なくなって来たと言われています。
私も子供の頃は今握れと言われても出来ない様なお箸の持ち方をしていました。
そんなお箸の握り方でも食事が出来てましたからね。
しかしある日、父に言われたんです。
「箸屋の息子がお箸もちゃんと使えんでどうすねん!!」
中学生の時でした。それから一ヶ月間、お箸の握り方について練習に練習をし続けなんとか正しいお箸の持ち方が出来る様になりました。

今になれば、その時にお箸の練習をやっておいて本当に良かったなあと思います。
社会に出れば色んな方々と食事もします。やはりその時に、割り箸(わりばし)屋がちゃんとお箸を持ててないと笑われますからね。
今は友人達にお箸の正しい持ち方を教え、そして次の世代、次の世代へとこのお箸文化を伝えていって欲しいと思っています。

「お箸」の語源には、「食と口との橋」の意味があります。そして「次世代へのはしわたし」にもなって欲しいものです。

是非どこかでお箸を使われる時には、お箸にもお箸の名前にも文化があるんだなって思い出して下さいね。